開運招福・吉兆来福・運気好転・千客万来 ―あなたが幸せでありますように―

開運招福・吉兆来福・運気好転・千客万来。あなた様のお幸せと健やかな日々をお祈り申し上げます

過去作品

プロ生主になる方法。小説・シナリオ・声劇台本朗読編1。シナリオ「踊り場」。ニコニコ生放送朗読用テキスト。作者QB

投稿日:2017年6月29日 更新日:

プロ生主になる方法。小説・シナリオ・声劇台本朗読編1。シナリオ「踊り場」。ニコニコ生放送朗読用テキスト。作者QB


 
いつもお世話になっております!
プロ小説家、プロゲームシナリオライター、プロライターのQBでございます。
プロ作家、プロ詩人、プロ占い師、プロ作詞家、プロ生主のQBでもあります。

プロシナリオライター、プロブロガーのQBでもあるのです。
他の記事では色々なテーマの記事を描いております。

今回はプロ生主になる方法を描いていきます。
前回はプロゲームシナリオライターになる方法を描きました。

アイドルゲーム制作回顧録1プロゲームシナリオライターになる方法。基礎編1


 





 

プロ生主になる方法。小説・シナリオ・声劇台本朗読編シリーズについて


 
このシリーズは声劇をされる方の為に小説・シナリオ・声劇台本などを作成致しました。
他のシリーズには様々なプロになる方法を描いております。

プロ占い師になる方法 タロットカード占い相談実占集編1超能力女装男子高校生ニコ生主(ニコニコ生放送生主)朱雀の恋愛事情

プロ小説家・プロゲームシナリオライター・プロ詩人になる方法を描いています。
また、プロ詩人、プロライター、プロブロガーになる方法も描いています。

古典小説アレンジ小説関西弁朗読1枕草子(清少納言先生)春はあけぼの

プロ作家・プロ占い師・プロシナリオライターになる方法を描いています。
こちらのシリーズも併せて御一読下さいませ。

QB作詞集1―作詞「夏雨」、作詞「無人駅」、作詞「夏風」―


 





 

シナリオ「踊り場」。あらすじ・人物設定・配役


 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆あらすじ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

花梨は小学校、中学校とイジメにあってきた。
だから、花梨はいつも一人ぼっちだった。

花梨が中学三年生の夏休み明けに登校した。
すると、自分の机が教室から消えていた。

花梨は教室を飛び出して、
唯一の居場所である踊り場に逃げこむが、
そこで晶と出会って……

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆人物設定・配役☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆登場人物 2人~8人(声劇時)☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆1 花梨(かりん)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

十五歳。中学三年生。
小学校、中学校とイジメにあって一人ぼっち。
逃げこんだ踊り場で晶と出会う。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆2 晶(あきら)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

十四歳。中学二年生。
職員室で教師達と乱闘をした後、踊り場で花梨と出会う。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆3 同級生A

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

十五歳。中学三年生の男子。
花梨をいじめている。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆4 同級生B。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

十五歳。中学三年生の男子。
花梨をいじめている。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆5 同級生C。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

十五歳。中学三年生の男子。
花梨をいじめている。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆6 女子A。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

十五歳。中学三年生の女子。
花梨をいじめている。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆7 女子B。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

十五歳。中学三年生の女子。
花梨をいじめている。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆8 ナレーター。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

地の文(セリフ以外の文章を担当)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆配役設定

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆2人で声劇
1晶
2花梨、ナレーター、同級生A、B、C 女子A、B

☆3人で声劇
1晶
2花梨
3ナレーター、同級生A、B、C 女子A、B

☆4人で声劇
1晶
2花梨
3ナレーター
4同級生A、B、C 女子A、B

☆5人で声劇
1晶
2花梨
3ナレーター
4同級生A、B、C
5女子A、B

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆クラス一同

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

クラス一同のセリフは同級生A、B、Cで担当。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 





 

シナリオ「踊り場」あらすじ・本編。作者QB


 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆あらすじ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

花梨は小学校、中学校とイジメにあってきた。
だから、花梨はいつも一人ぼっちだった。

花梨が中学三年生の夏休み明けに登校した。
すると、自分の机が教室から消えていた。

花梨は教室を飛び出して、
唯一の居場所である踊り場に逃げこむが、
そこで晶と出会って……

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆本編

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

 
花梨「……っ、うっ……うん」

いつもの踊り場で、 私は晶にキスされた。

チュッ――

私が晶に絡めた舌の音だけが、
踊り場の無人の静寂に足音を刻んでいく。

花梨(いつも、強引な晶……でも、私はそんな晶が大好き)

私は口に出せない思いを心の中で呟いた。

そしたら……
晶がキスをやめて、
私の瞳をじっと見ながら言ってきたんだ。
 

 
晶「花梨。愛してるよ」

花梨「晶……」

私の胸がカーッと熱くなっていく。

おそらく、
私は林檎みたいに
真っ赤な顔になっている……

花梨「恥ずかしい……」

私は思わず晶から頬を背けてしまった。

だけども……
晶は私の体を抱きしめながら囁いてくる。

晶「オレから、逃げないで……。
  花梨、言っただろ? 自分の気持ちからは逃げ出せないって」
 

 
花梨「晶……」

晶「花梨もオレも……
  愛し合っているオレ達からは逃げられない」

晶が私を強く抱きしめてきた。
私の口から戸惑ったような言葉が飛び出す。

花梨「晶。私……」

晶「花梨……もう、何も言わないで」

晶が私の口を封じるようにキスをしてくる。

チュッ――
 

 
花梨「あぁ、晶――」

晶にふさがれた唇から私の声が漏れていく。

イケナイ……

花梨「こんな事、イケナイ……」

こんな淫らな事――。
三階と二階の狭間。
寂れた校舎の西側の片隅。
 

 
私達は身をすり合わせるように愛し合う。

花梨(イケナイ事だとわかっているんだ……)

花梨「下級生の男の子と、こんな事――」

晶と唇を重ねた分だけ、
私の体に罪が刻まれていくような気になる。

だけども……
私の罪の意識なんてものは……

晶と重ねていく
背徳の口づけの甘さに、
かき消されてしまうから――。

花梨「晶ァ……――」

そして――
キスが終わったら、晶にこう言われるんだ。
 

 
晶「花梨、愛してるよ」

そして、またキス。

チュッ――

花梨(晶、晶ァ――)

何度繰り返したのだろう?
三年生の私と二年生の晶。

お互いに
追い出されるようにして
見つけたこの居場所。

私達は逃げ込んだ踊り場で、恋人になったんだ。
 

 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆回想

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

 
花梨(結局、変えられなかった。
   中学校ではイジメられないと思ったのに・・・・・・)

私の口から思わず言葉が飛び出していく。

花梨「私は、小学校と同じ日々を
   三年間繰り返していただけだったんだ!」

中三の夏休み明けだった。
突然の最後通牒だ。
私が教室に入ると机が消えていたんだ……。
 

  
花梨「も、もう、嫌ッ! もうこんなの耐えられない!」

私は夢中で教室を飛び出した。

すると、
私の背中には追い打ちをかけるような
罵声が浴びせられた。

同級生A「負け犬が逃げ出すぞォ!」

同級生B「二度と戻って来ンじゃねーぞォ! タコォ!」

私は後ろを振り返って言葉を投げつけてやる。

花梨「何で、何でそんな事言うの!」

同級生C「ウッセンダヨ!」
 

 
クラスの男子が空き缶を私に投げつけた。
空き缶が私の目に当たる。

カン!

花梨「痛い――」

私の目からは涙がこぼれて落ちていく……

でも、
クラス中に私の涙を嘲笑する笑い声が
響き渡る。

同級生A「おい? 
また花梨の奴が泣き出しやがったぞ!」

同級生B「泣き虫花梨! 弱虫花梨!!

同級生C「おいおい? 
     あんまり言うと、またママが学校乗り込んで来るぞ?」

同級生A「うちの花梨をイジメた子は何処の誰なのーってな!」
 

 
クラス一同「アハハハハハハハハハハハハ!」

花梨「も、もう……嫌……。もう嫌ァ――――」

私は教室に背中を向けて走り出した。

花梨「何で? どうして?」

花梨「どうして、私ばかり……こんな目にあうの?」
 

 
私は泣きながら始業前の廊下を走る。

廊下ですれ違う誰もが、
私に嘲笑と好奇の視線を投げつけていく。

女子A「ちょっと、あれ、三組の花梨じゃない?」

女子B「ヤダァ! また、泣いてるよ。アイツ」

私は思わず自分の顔を、両手で隠してしまう。
 

 
花梨「見ないで! そんな目で私を見るのはやめて!」

私は廊下を階段を無我夢中で駆け抜けた。

そして――
私は人気のない踊り場に行き着いた。
私は両手を顔から離す。

花梨「やっと、着いた……」
 

 
ここは……

花梨「私だけの秘密の居場所――」

私は何かあるたびに、ここに駆け込んだ。

そして、
私は膝を抱えて泣いていたんだ。

ここは、
私だけの秘密の踊り場だ。

花梨(どうせ……私は、一人ぼっち……)

私は階段に座る。

そして、
私は抱えた膝の中に泣き顔を埋めた。

それから、
私はいつものように泣き出す。
 

 
花梨「ぐす……うっ……」

ガタン――。

不意に物音がした。

花梨(誰? また私をイジメるの――) 

私は思わず背中を丸める。

花梨(ここは私に残された最後の居場所なのに・・・・・・)

花梨(私は唯一の居場所からも追い出されるの?)

私は膝を抱えながら震えた。
 

 
すると――
大人びた声が私の頭上から放たれた。

晶「アンタ。三年生だろ? 緑の上履き履いているモンな」

晶「――ってコトはオレの一つ上か……」

花梨「え……」

私は、ゆっくりと顔を上げた。

そこには。
赤い上履きを履いた男の子が
口から血を垂らして立っていたんだ。
 

 
花梨(赤い上履き……て事は、この男の子は二年生?)

花梨(そ、そンなコトよりも、何で口から血が……)

私は戸惑いながらも、
男の子を見上げる。

男の子は乱れた髪を気にする様子もない。

そして、
男の子は口元を歪めながら言葉を告げる。

晶「教頭の野郎。
  オレが気に喰わねぇとか抜かしやがってよ・・・・・・」

男の子は眉をつり上げながら口を開く。

晶「あの野郎、
  ムシャクシャしたからブッ飛ばしてやったらヨォ?」

晶「先公どもが総がかりで
  オレに飛びかかって来やがったんだ……!」

花梨「逃げて来たの?」

私は男の子を見つめながらおそるおそる言った。
男の子は口元を歪ませながら言葉を返してきた。
 

 
晶「アァ――」

男の子は一息ついて口を開く。

晶「でもな? 全員ブッ飛ばしてやったゼ……って?」

晶「ナンだよ……。アンタも逃げて来たクチかよ」

男の子が私の目元を見据えてきた。

でも……
私の目は涙で赤く腫れているはずだ。

花梨(や、やだッ……恥ずかしい……)

私はあわてて、男の子から頬を背けた。
 

 
だけども。
男の子は私を心配そうに見つめてくる。

晶「ナンだ? どーしたよ?」

花梨「何でもない」

私は涙を手で拭いながら、かすれた声を振り絞った。

そしたら……
男の子は私の泣き顔をのぞき込んできた。

晶「何でもなくねーよ。アンタ、泣いてンじゃねーかよ?」

花梨「ううん。私は大丈夫。それよりも……」

私は数回首を振って、
ポケットのハンカチを男の子に差し出した。
 

 
花梨「ね、ねぇ……これで拭いて。
   あなた、血だらけでしょ」

晶「悪リィ――」

男の子は血塗れの口元を自分の手で拭う。

花梨(ねぇ……どうして?)

私は男の子に聞き返すように心の中で呟く。

花梨(どうして、ねぇ?)

花梨(どうして、私のハンカチを使ってくれないの?)

花梨(ひょっとして……)

私が心で呟いたはずの言葉が口から漏れてしまう。
 

 
花梨「この子からも、嫌われちゃったの……」

晶「嫌いになったりなんかしないさ――」

男の子が踊り場の上に膝をつく。

そして、
男の子は真っ直ぐに私を見つめて言う。

晶「可愛いアンタの持ちモンを汚す訳にはいかねーよ」

花梨「え……」

私は思わず息を飲んだ。

そしたら、
男の子が唇を近づけてきたんだ。

晶「アンタは世界で一番可愛いよ」

私は口元を震わせながら声を振り絞る。
 

 
花梨「何、何を……するの?」

晶「こういう事、さ――」

チュッ――

男の子の柔らかな唇が、私の目元を撫でた。

そして、
男の子の優しい舌先に
私の涙が拭き取られていく。

晶「アンタは、涙を流すよりも、笑っていた方が可愛いぜ」

花梨「え――」

私は
今まで言われたことのない言葉を
言われて戸惑った。

でも、
男の子は私の戸惑いをかき消すかのように
言葉を紡いでいく。

晶「マジでアンタは、とても可愛い女の子だよ」

男の子が私をじっと見つめて来る。
私の胸がドキドキと高鳴っていく。
 

 
花梨(この気持ちは――)

私は
自分の気持ちを確かめるように
晶を見つめる。

晶「オレ、アンタが好きだ。
  一目で惚れちまったんだ」

男の子が優しく唇を重ねてきた。

チュッ――

花梨(唇が熱い。それに、なんだか……)

私の体中が熱くなる――。

私は
自分の心が火照り出すようなな
熱さを体中で感じた。

これが、
私のファーストキスだった。

そして――。
男の子が私から唇を離していく。
 

 
晶「なぁ?」

花梨「え――」

男の子は私の目を、じっと見据えて言葉を告げる。

晶「なぁ、アンタは、オレのこと好きか?」

花梨「好き――」

そう言った瞬間、私は男の子の胸に飛び込んでいた。

名前も知らない……
さっき、会ったばかりの男の子の胸に、私は顔を埋めていたんだ。
 

 
花梨「ここ、いい。すごくいい……!」

私は
踊り場の上で男の子を抱きしめながら
言ったんだ。

花梨(やっと、見つけた。やっと見つけたんだ……)

私の脳裏に
一人ぼっちだった時間が
走馬燈のように湧き出した。

私の瞳の裏では孤独な景色が、
夕闇のように影を落としていたんだ。
 

 
花梨(もう、嫌だ。
   あんな思いは……二度としたくない)

私は強く瞳を閉じた。

すると、
私の瞳の奥からは
津波のように涙が溢れ出してきたんだ。

花梨「二度と戻らない……」

私は男の子を強く抱きしめて決意する。

もう、一人じゃない……

花梨「私はもう一人じゃないんだ!」

だから――

だから、
私は男の子をじっと見つめて言ったんだ。

花梨「ここ、居場所にしていい? 私の居場所にしていいの?」
 

 
私は男の子の瞳を覗いた。

すると、
男の子は春風のように優しい声色で
告げてくれたんだ。

晶「あぁ、いいぜ。居場所にしよう」

男の子の腕が私の背中に回る。

そして、
男の子と私は踊り場の上に立ち上がる。

晶「ここが居場所だ。オレ達の居場所なんだ」

男の子は踊り場の上で、
私を強く抱きしめてくれた。

そして、
男の子が私を見据えながら口を開くう。

晶「オレがアンタの居場所であるように……」

晶「アンタもオレの居場所になってくれ」
 

 
花梨「うん」

私は笑顔で頷いた。

晶「そういえば……アンタの名前は?」

男の子は
真っ直ぐな眼差しで
私を見つめながら言った。
 
だから、私も男の子を見つめ返して言う。

花梨「私、花梨」

晶「花梨か。可愛らしいアンタにお似合いの名前だな」
 

 
花梨(また、可愛いって言われた)

私は、
なんだか恥ずかしくなって、
男の子から目を背ける。

でも……

花梨「私は、もう逃げない」

自分の気持ちから……
私の周りを取り囲んでいる現実から……
私の目の前の未来から――
 

 
だから――
私は目の前の男の子を見据えて
男の子に言葉を告げる。

花梨「私は花梨。あなたは――」

晶「オレは、晶――」

晶が次の言葉を放つ前に……

花梨「晶、大好き」

私は背伸びをして晶にキスをした。

チュッ――

これが、
踊り場でした初めてのキスだった。
 

 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆回想終了

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆場面転換

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

 
一人ぼっちの卒業式。
私は卒業証書を抱えて、晶の横を通り過ぎる。

晶との別れ。
踊り場からの卒業。

花梨(明日から私は一人ぼっちだ)

私は孤独への階段を、こつこつと下っていく。

私の背中には
晶が階段を登る晶の足音が、
こつこつと打ち付けられていく。

花梨「もう、嫌だ。一人ぼっちは嫌だ――」
 

 
戻りたくない……
一人ぼっちの毎日に……
晶のいなかった日々に……

花梨「私は戻りたくないんだ!」

私は自分の思いをぶつけるように叫んだ。

花梨「晶! 私、晶の側にいたい」

花梨「ずっと、ずっと――晶の側にいたいんだ!」
 

 
私は思い出を振り返るように後ろを振り向く。

花梨「晶……」

晶はいない……

そこには――
無人の踊り場が
主を失った住処のように佇んでいた。

花梨「何処へ行ったの? 晶――」
 

 
私は晶を求めて踊り場に向かって、こつこつと階段を上っていく。

晶「アンタ。居場所だろ?」

花梨「え――――」

私は頭上から聞こえて来た突然の声を見上げた。

そこには……
晶が階段の手すりから、
身を乗り出して私を見つめていた。

花梨「晶――」
 

 
やっと会えた……ような気がした。
私は言葉を振り絞ろうとした。

すると、
晶が
私の気持ちを察したように
声をかけてきた。

晶「言っただろ? 
  アンタはオレの居場所だって」

花梨「晶、晶……私だけの晶……!」

私は
目の前の晶の唇に
吸い込まれるように背伸びをした。
 

 
そして、
二階と三階の階段の狭間でキスをした。

チュッ――

踊り場は……
私達が過ぎ去った後の踊り場は……
誇らしく輝いていた。
 

 
そう……
誰かの居場所になる為を
準備してるみたいに輝いていたんだ。

晶は私を見つめながら言葉を告げる。

晶「これから、ずっと一緒だよ。花梨」

花梨「うん。これからもずっと私の側にいてね、晶」

踊り場を通り過ぎた私達は・・・・・・
私達だけの居場所を確かめるようにキスをした。

チュッ――

☆おしまい☆
 

 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
 

開運招福・吉兆来福・運気好転・千客万来。


 
開運招福・吉兆来福・運気好転・千客万来。
皆様に最高の幸運が訪れますように。
@QB
 



 
今回はプロ生主になる方法を描きました。
次回もプロ生主になる方法を描いていきます。

ぜひとも御一読ください。

プロ生主になる方法。小説・シナリオ・声劇台本朗読編2。ボーイズラブ(BL)シナリオ「つむじ風」。ニコニコ生放送朗読用テキスト。作者QB

-過去作品

post-author:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【羅生門】板書!解説!語句まとめ!中学校国語!高校現代文定期テスト予想対策問題!解答!解説【芥川龍之介】

【羅生門】板書!解説!語句まとめ!中学校国語!高校現代文定期テスト予想対策問題!解答!解説【芥川龍之介】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ いつもお世話にな …

【トロツコ】板書!解説!語句まとめ!中学校国語!高校現代文定期テスト対策問題!解答!解説【芥川龍之介】

【トロツコ】板書!解説!語句まとめ!中学校国語!高校現代文定期テスト対策問題!解答!解説【芥川龍之介】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ いつもお世話になっ …

【トロツコ】板書!解説!語句まとめ!中学校国語!高校現代文定期テスト対策問題!解答!解説【芥川龍之介】

【トロツコ】板書!解説!語句まとめ!中学校国語!高校現代文定期テスト対策問題!解答!解説【芥川龍之介】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ いつもお世話になっ …

平安文学女子伊勢先生!伊勢物語。東下り!本文!口語訳!現代語訳!作品まとめ!作品解説

平安文学女子伊勢先生!伊勢物語。東下り!本文!口語訳!現代語訳!作品まとめ!作品解説 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ このブログをご覧頂きありがとうござい …

no image

【サロン予約】『スグヤクリラク』【マッサージ】

【サロン予約】『スグヤクリラク』【マッサージ】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ …

※マスク入荷しました※ウイルス予防・花粉症対策に最適♪【Santasan】

記事検索

お問い合わせ

コミュリンク

▼コミュリンクになります

猫民のんたんのアトリエ
http://nekotaminontan.blog.fc2.com

ゆうひはのぼらない
http://yuhinoboru.jp/ 

プライバシーポリシー 1

プライバシーポリシー

▼ご挨拶

当ブログ(http://qb2525.com/)の

管理人 ひらの です。

よろしくお願い致します。

▼個人情報の管理

当ブログ(http://qb2525.com/)(以下、当ブログ)は、お問い合わせいただいた内容についての確認・相談、情報提供のためのメール送信(返信)の目的以外には使用しません。また知り得た個人情報を第三者に開示することは、警察・裁判所など公的機関からの書面をもった請求以外に一切利用いたしません。

▼免責事項

当ブログに掲載する情報は記事公表時点の正しいものを提供するよう努めております。ただし、提供している情報、リンク先などにより、いかなる損失や損害などの被害が発生しても当ブログでは責任を負いかねますので、ご了承ください。

リンク先の商品は当ブログが販売しているのではなく、各リンク先店舗での販売となります。購入方法、その他お問い合わせは各店舗までご確認ください。商品購入に関するトラブルに関しては、当ブログでは責任を負いかねますのでご了承ください。

本免責事項、および、当ブログに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

プライバシーポリシー 3

▼著作権について

当ブログ(http://qb2525.com/)(以下、当ブログ)に掲載されている情報についての著作権は放棄しておりません。

▼Amazon.co.jpアソシエイトについて

当ブログ(http://qb2525.com/)(以下、当ブログ)はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。