開運招福・吉兆来福・運気好転・千客万来。あなた様のお幸せと健やかな日々をお祈り申し上げます

宮沢賢治詩集

【宮沢賢治詩集第一回】『春と修羅 序』『春と修羅 mental sketch modified』『永訣の朝』『告別』『青森挽歌』『雨ニモマケズ』

更新日:

【宮沢賢治詩集第一回】『春と修羅 序』『春と修羅 mental sketch modified』『永訣の朝』『告別』『青森挽歌』『雨ニモマケズ』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このブログをご覧頂きありがとうございます!
今回は宮沢賢治先生の詩集です。

We host your creativity. 『 HETEML 』

生活のすべてはセブンネットで【セブンネットショッピング】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆美容女子のオススメ美容特集次回の記事です☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【快眠生活に役立つ】『光目覚まし時計inti4』


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『春と修羅 序』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私という現象は
仮定された有機交流電燈の
一つの青い照明です
(あらゆる透明な幽霊の複合体)

風景やみんなと一緒に
せわしくせわしく明滅(めいめつ)しながら
いかにも確かに点(とも)り続ける
因果交流電燈の一つの青い照明です
(光は保ち その電燈は失われ)

これらは二十二箇月の
過去と感ずる方角から
紙と鉱質インクを連ね
(すべて私と明滅し
みんなが同時に感ずるもの)

ここまで保ち続けられた
影と光のひとくさりずつ
そのとほりの心象スケッチです

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『春と修羅 序』宮沢賢治
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ダニ・ハウスダストにふとんクリーナーレイコップ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『春と修羅 mental sketch modified』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

心象の灰色鋼(はいいろはがね)から
アケビのツルは
くもにからまり

野バラの藪や腐植の湿地
一面の一面の
詔曲模様(てんごくもよう)
(正午の管楽よりもしげく
 琥珀の欠片が注ぐ時)

いかりの苦さ また青さ
四月の気層の光の底を唾(つば)し 
歯ぎしり行き過ぎる
オレはひとりの修羅なのだ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『春と修羅 mental sketch modified』宮沢賢治
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『永訣の朝』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のうちに
遠くへ行ってしまう私の妹よ
霙(みぞれ)が降って
表は へんに明るいのだ

(あめゆじゅ とてちて けんじゃ)
「雨雪(みぞれ)を取って来てください」

薄赤く一層陰惨な雲から
霙(みぞれ)は 
びちょびちょ降って来る

(あめゆじゅ とてちて けんじゃ)
「雨雪(みぞれ)を取って来てください」

青い蓴菜(じゅんさい)模様のついた
これら二つの
欠けた陶椀(とうわん)に

お前が食べる
雨雪(あめゆき)を取ろうとして
私は曲がった鉄砲玉のように
この暗い霙(みぞれ)の中に飛びだした

(あめゆじゅ とてちて けんじゃ)
「雨雪(みぞれ)を取って来てください」

蒼鉛色(そうえんいろ)の暗い雲から
霙(みぞれ)は 
びちよびちよ沈んでくる

ああとし子

死ぬという今頃になって
私を一生明るくするために
こんなさっぱりした
雪の一腕(ひとわん)を
お前は私に頼んだのだ

ありがとう
私のけなげな妹よ
私も真っ直ぐに進んで行くから

(あめゆじゅ とてちて けんじゃ)
「雨雪(みぞれ)を取って来てください」

激しい激しい熱や喘ぎの間から
お前は私に頼んだのだ
銀河や太陽、気圏などと
呼ばれた世界の空から落ちた
雪の最後の一腕を……

…二切れの御影 石材に
霙(みぞれ)は
寂しく溜まっている

私はその上に危なく立ち
雪と水との真っ白な
二相系(にそうけい)を保ち
透き通る冷たい雫にみちた

この艶やかな松の枝から
私の優しい妹の
最後の食べ物をもらって行こう
私達が一緒に育って来た間
見慣れた茶碗のこの藍の模様にも
もう今日 お前は別れてしまう

(Ora Orade Shitori egumo)
「おら おらで しとり えぐも」
「私は私ひとりで行きます」

本当に今日 お前は別れてしまう

あぁあの閉ざされた病室の
暗い屏風(びょうぶ)や
蚊帳(かや)の中に
優しく青白く燃えている
私の健気(けなげ)な妹よ

この雪は何処を選ぼうにも
あんまり何処も真っ白なのだ

あんな恐ろしい乱れた空から
この美しい雪が来たのだ

(うまれで くるたて
 こんどは こたに わりゃの ごとばかりで
 くるしまなあよに うまれてくる)

「今度は、こんなに私のことばかりで、
 お兄さんが苦しまないように
 生まれてくるね」

お前が食べる この二腕の雪に
私は今 心から祈る
どうかこれが天上のアイスクリームに
変わってになって

お前とみんなとに聖い資糧(しりょう)を
もたらすように
私の全ての再拝(さいはい)をかけて願う

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『永訣の朝』宮沢賢治
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

美しいホームページを作るなら Z.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『告別』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

お前のバスの三連音が
どんな具合に鳴っていたかを
おそらくお前はわかっていまい
その純朴さ希(のぞ)みに
充ちた楽しさは

ほとんどオレを
草葉(くさば)のように顫(ふる)わせた
もしもお前がそれらの音の特性や
立派な無数の順列を

はっきり知って
自由にいつでも使えるならば
お前は辛くて
そして輝く天の仕事もするだろう

泰西(たいせい)著名の楽人たちが
幼齢弦(ようれいげん)や鍵器(けんき)
すでに一家をなしたがように

おまえはそのころ
この国ある皮革(ひかく)の鼓器(こき)と
竹でつくった管(かん)とをとった

けれども今頃ちょうどお前の年ごろで
おまえの素質と力を持っている者は
町と村との一万人の中になら
おそらく五人はあるだろう

それらの人のどの人もまた
五年の間にそれを大抵無くすのだ
生活のために削られたり
自分でそれをなくすのだ

全ての才や力や
材というものは
人に留まるものでない

人さえ人に留まらぬ
言わなかったが、
オレは四月はもう学校に居ないのだ

恐らく暗く険しい道を歩くだろう
その後でお前の今の力が鈍り
きれいな音が正しい調子と
その明るさを失って

再び回復できないならば
オレはお前をもう見ない
何故ならオレは
少し位の仕事ができて

そいつに腰をかけているような
そんな多数を一番嫌に思うのだ

もしもお前がよく聞いてくれ
ひとりの優しい娘を
思うようになる

その時お前に
無数の影と光の像が現れる
お前はそれを音にするのだ

みんなが町で暮らしたり
一日遊んでいる時に
お前は一人であの石原の草を刈る

その寂しさで
お前は音をつくるのだ
多くの侮辱や窮乏の
それらを噛んで歌うのだ

もしも楽器がなかったら

いいかお前はオレの弟子なのだ
力の限り
空いっぱいの光でできた
パイプオルガンを弾くがいい

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『告別』宮沢賢治
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『青森挽歌』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

とし子はみんなが死ぬと名付ける
そのやり方を通って行き
それから先 何処へ行ったかわからない

それはオレ達の空間の方向で
はかられない感ぜられない方向を
感じようとするときは
誰だってみんなぐるぐるする

((耳ごうど鳴ってさっぱり聞けなぐなったんじゃい))

そう甘えるように言ってから
確かにあいつは自分の周りの眼には
はっきり見えているな
近しい人達の声を聞かなかった

にはかに呼吸がとまり
脈がうたなくなり
それからわたくしがはしつて行つたとき
あのきれいな眼が
なにかを索めるやうに
空しくうごいてゐた

それはもうわたくしたちの
空間を二度と見なかつた

   それからあとであいつはなにを感じたらう

   それはまだおれたちの世界の幻視をみ

   おれたちのせかいの幻聴をきいたらう

   わたくしがその耳もとで

   遠いところから声をとつてきて

   そらや愛やりんごや風、すべての勢力のたのしい根源

   万象同帰のそのいみじい生物の名を

   ちからいつぱいちからいつぱい叫んだとき

   あいつは二へんうなづくやうに息をした

   白い尖つたあごや頬がゆすれて

   ちいさいときよくおどけたときにしたやうな

   あんな偶然な顔つきにみえた

   けれどもたしかにうなづいた

      《ヘツケル博士!

       わたくしがそのありがたい証明の

       任にあたつてもよろしうございます》

    仮睡硅酸(かすゐけいさん)の雲のなかから

   凍らすやうなあんな卑怯な叫び声は……

    (宗谷海峡を越える晩は

     わたくしは夜どほし甲板に立ち

     あたまは具へなく陰湿の霧をかぶり

     からだはけがれたねがひにみたし

     そしてわたくしはほんたうに挑戦しやう)

   たしかにあのときはうなづいたのだ

   そしてあんなにつぎのあさまで

   胸がほとつてゐたくらゐだから

   わたくしたちが死んだといつて泣いたあと

   とし子はまだまだこの世かいのからだを感じ

   ねつやいたみをはなれたほのかなねむりのなかで

   ここでみるやうなゆめをみてゐたかもしれない

   そしてわたくしはそれらのしづかな夢幻が

   つぎのせかいへつゞくため

   明るいいゝ匂のするものだつたことを

   どんなにねがふかわからない

   ほんたうにその夢の中のひとくさりは

    かん護とかなしみとにつかれて睡つてゐた

   おしげ子たちのあけがたのなかに

   ぼんやりとしてはいつてきた

   《黄いろな花こ おらもとるべがな》

   たしかにとし子はあのあけがたは

   まだこの世かいのゆめのなかにゐて

   落葉の風につみかさねられた

   野はらをひとりあるきながら

   ほかのひとのことのやうにつぶやいてゐたのだ

   そしてそのままさびしい林のなかの

   いつぴきの鳥になつただらうか

   l'estudiantina を風にききながら

   水のながれる暗いはやしのなかを

   かなしくうたつて飛んで行つたらうか

   やがてはそこに小さなプロペラのやうに

   音をたてゝ飛んできたあたらしいともだちと

   無心のとりのうたをうたひながら

   たよりなくさまよつて行つたらうか

      わたくしはどうしてもさう思はない

   なぜ通信が許されないのか

   許されてゐる、そして私のうけとつた通信は

   母が夏のかん病のよるにゆめみたとおなじだ

   どうしてわたくしはさうなのをさうと思はないのだらう

   それらひとのせかいのゆめはうすれ

   あかつきの薔薇いろをそらにかんじ

   あたらしくさはやかな感官をかんじ

   日光のなかのけむりのやうな羅(うすもの)をかんじ

   かがやいてほのかにわらひながら

   はなやかな雲やつめたいにほひのあひだを

   交錯するひかりの棒を過ぎり

   われらが上方とよぶその不可思議な方角へ

   それがそのやうであることにおどろきながら

   大循環の風よりもさはやかにのぼつて行つた

   わたくしはその跡をさへたづねることができる

   そこに碧い寂かな湖水の面をのぞみ

   あまりにもそのたひらかさとかがやきと

   未知な全反射の方法と

   さめざめとひかりゆすれる樹の列を

   ただしくうつすことをあやしみ

   やがてはそれがおのづから研かれた

   天のる璃の地面と知つてこゝろわななき

   紐になつてながれるそらの楽音

   また瓔珞やあやしいうすものをつけ

   移らずしかもしづかにゆききする

   巨きなすあしの生物たち

   遠いほのかな記憶のなかの花のかほり

   それらのなかにしづかに立つたらうか

   それともおれたちの声を聴かないのち

   暗紅色の深くもわるいがらん洞と

   意識ある蛋白質の砕けるときにあげる声

   亜硫酸や笑気(せうき)のにほひ

   これらをそこに見るならば

   あいつはその中にまつ青になつて立ち

   立つてゐるともよろめいてゐるともわからず

   頬に手をあててゆめそのもののやうに立ち

   (わたくしがいまごろこんなものを感ずることが

   いつたいほんたうのことだらうか

   わたくしといふものがこんなものをみることが

   いつたいありうることだらうか

   そしてほんたうにみてゐるのだ)と

   斯ういつてひとりなげくかもしれない……

   わたくしのこんなさびしい考は

   みんなよるのためにでるのだ

   夜があけて海岸へかかるなら

   そして波がきらきら光るなら

   なにもかもみんないいかもしれない

   けれどもとし子の死んだことならば

   いまわたくしがそれを夢でないと考へて

   あたらしくぎくつとしなければならないほどの

   あんまりひどいげんじつなのだ

   感ずることのあまり新鮮にすぎるとき

   それをがいねん化することは

   きちがひにならないための

   生物体の一つの自衛作用だけれども

   いつでもまもつてばかりゐてはいけない

   ほんたうにあいつはここの感官をうしなつたのち

   あらたにどんなからだを得

   どんな感官をかんじただらう

   なんべんこれをかんがへたことか

   むかしからの多数の実験から

   倶舎がさつきのやうに云ふのだ

   二度とこれをくり返してはいけない

   おもては軟玉(なんぎよく)と銀のモナド

   半月の噴いた瓦斯でいつぱいだ

   巻積雲のはらわたまで

   月のあかりはしみわたり

   それはあやしい蛍光板(けいくわうばん)になつて

   いよいよあやしい苹果の匂を発散し

   なめらかにつめたい窓硝子さへ越えてくる

   青森だからといふのではなく

   大てい月がこんなやうな暁ちかく

   巻積雲にはいるとき……

        《おいおい、あの顔いろは少し青かつたよ》

   だまつてゐろ

   おれのいもうとの死顔が

   まつ青だらうが黒からうが

   きさまにどう斯う云はれるか

   あいつはどこへ堕ちやうと

   もう無上道に属してゐる

   力にみちてそこを進むものは

   どの空間にでも勇んでとびこんで行くのだ

   ぢきもう東の鋼もひかる

   ほんたうにけふの…きのふのひるまなら

   おれたちはあの重い赤いポムプを…

        《もひとつきかせてあげやう

         ね じつさいね

         あのときの眼は白かつたよ

         すぐ瞑りかねてゐたよ》

   まだいつてゐるのか

   もうぢきよるはあけるのに

   すべてあるがごとくにあり

   かゞやくごとくにかがやくもの

   おまへの武器やあらゆるものは

   おまへにくらくおそろしく

   まことはたのしくあかるいのだ

        《みんなむかしからのきやうだいなのだから

         けつしてひとりをいのつてはいけない》

   ああ わたくしはけつしてさうしませんでした

   あいつがなくなつてからあとのよるひる

   わたくしはただの一どたりと

   あいつだけがいいとこに行けばいいと

   さういのりはしなかつたとおもひます

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『青森挽歌』宮沢賢治
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『雨ニモマケズ』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

雨にも負けず風にも負けず
雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫な身体を持ち
慾(よく)はなく
決して瞋(いか)らず
いつも静かに笑っている

一日に玄米四合と
味噌と少しの野菜を食べ

あらゆる事を自分を
感情に入れずに
よく見聞きしてわかり
そして忘れず

野原の松の林の
小さな萓(かや)ぶき小屋にいて
東に病気の子供あれば
行って看病してやり

西に疲れた母あれば
行ってその稲の朿を負い
南に死にそうな人あれば
行って怖がらなくてもいいと言い

北に喧嘩や訴訟があれば
「つまらないからやめろ」と言い
孤独(ひとり)時は涙を流し
寒さの夏はオロオロ歩き

みんなに「でくのぼう」と呼ばれ
誉められもせず苦にもされず
そういう者に私はなりたい

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『雨ニモマケズ』宮沢賢治
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

電話占い【ココナラ】新規会員登録で3,000円無料クーポンプレゼント中

ラブライブ!コラボキャンペーン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

↓日本最大級の初心者向け無料マネーセミナーサイト『アットセミナー』はコチラから↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓     ↓     ↓     ↓     ↓
大人気!お金の自己啓発セミナー



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆開運招福・吉兆来福・運気好転・千客万来☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

開運招福・吉兆来福・運気好転・千客万来。

あなた様の
お幸せと健やかな日々を
お祈り申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆宮沢賢治詩集シリーズの次回の作品です☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆美幸生活のオススメ記事です☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【バイセル】『リサイクル』【手数料無料】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆美花生活のオススメ記事です☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【FX専用VPS】『お名前.comデスクトップクラウド』【FX取引】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆美笑生活のオススメ記事です☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【FX初心者】『DMM FX新規口座開設』【FX手数料無料】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-宮沢賢治詩集

Copyright© 開運招福・吉兆来福・運気好転・千客万来 ―あなたが幸せでありますように― , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.